2017・04・06

キネマ旬報2005年8月下旬特別号 佐藤忠雄/戦後60年入荷致しました。

お問い合わせいただきました
キネマ旬報2005年8月下旬特別号入荷致しました。
メールが弾かれて出来ませんので
こちらからお知らせします。
お支払いはPaypal扱いとなります。
商品代金500円+送料1200円(Registered)又は1500円(EMS)です
posted by 7575 at 19:05 | Comment(0) | books mikke 5

暮しの手帖 第一世紀、入荷しました。2,3,4,5,7,8,9,11,12,13号バックナンバーUP済!

暮しの手帖 第一世紀100号まで入荷しています。
2号から順に随時UPしてまいります。






第一世紀七号より

books mikkeにて。
posted by 7575 at 13:53 | Comment(0) | books mikke 5

2017・03・22

チャックベリー

ああ遂に、チャックベリーも逝ってしまった。
ロックの生き神様が本当の神様になっちゃった。


亡くなったとか、関係なく
今だに時々You tube観たりCD聴いたりしていましたよ

よ〜く知ってるつもりでも、新しく気づく事があるんだよね

初めて見たのは、MZA有明だった。
到着が遅くてみんなヤキモキしてたのをよく覚えてる

とにかく一番印象深かったのは、ロックコンサートなのに、幕が降りるシステムで
最後の最後にダックウォークしながら、ゆっくり幕が降りる

で、床と幕の間が数cmになっても、

まだダックウォークを続ける踝が見える。

ピッチリ降りるまで演じていました。

そこなんですよそこ!

いろんなエピソードに事欠かない人ですが、徹した者の持つ説得力がすごかった

最近はToo Much Monkey Business をよく聞いています



予想外の場所に ”ガ−!”って合いの手が入るのが気に入って。

どの曲もなんか楽しくなっちゃうんですよね。

小供の頃はしゃいで、飛び回って、地面をけった足の裏でお尻を叩いて
駆け出しちゃう。そんな事を思い出すようなリズム。


つるつると、思うことはきりがないのですが

ダックウォークと並ぶ大開脚の決め。

まったく勝手に思ってるのだけど
ジェームスブラウンの凄いステップあるじゃないですか、
当然意識していたと思うんですよね。対抗して

「俺は長い脚で往くぜ」

ってとこあったんじゃないかなあ?
大開脚が先だったかもしれないんですけどね。

とにかくROCKの父の一人ですから、数々のミュージシャンがカバーしていますけど、

これもすばらしい。ボブディランにそんなに明るくなかったので
まさかネイディーンやってたとは、最近まで知らなかった!




あと、真摯に忠実に取り組んでいる一人として、
DAVE EDOMUNS が真っ先に浮かびます



追悼の言葉も胸に来るものがありました


どれか一曲ってのは選びきれないけど、



6月には新譜が出るんらしいんですって!本当に出るかなあ?
posted by 7575 at 22:58 | Comment(0) | 音楽

2017・01・18

FASHION LIVING 私の部屋 No.1/創刊号 とNo.4 入荷しました!!

遂に入荷しました〜!!

私の部屋創刊号

内容の写真も載せています。

詳しくはbooks mikkeにて!!
posted by 7575 at 22:37 | Comment(0) | books mikke 5

2016・12・07

洋雑誌Victoria magazine 人気のクリスマス号、バレンタイン号入荷しました 1991,1993






初期のヴィクトリアの雰囲気は、独特の華やかさがあって
クリスマス号は特に人気があります。









そしてバレンタイン号も!
books mikkeでお待ちしています。
1991Dec.はこちら。
1993Feb./Dec.はこちらで。
posted by 7575 at 22:54 | Comment(0) | books mikke 5

2016・11・24

雪の中 山のカフェへ , 飯能市, Living Room 61

降りました。やっぱり。

cafe1
cafe1拡大
いつもに増して、立ち昇るもやがきれいです。
今日はドトールお休みして、こんな日にうってつけの

寒さの中たどり着いて、ホッとするのにピッタリの場所
奇跡的に、近所に出来たカフェに行こう

ここはコンビニとスーパーと薬屋が一軒づつの、商業施設は最低限の山合い。

そんな所に雑貨屋さんみたいな可愛いカフェが!
しかもウチから散歩に丁度良い場所に!

cafe2
cafe2拡大

此処が入口、とっても手作り感たっぷりのこのドアを横目に2年待ちました。

cafe3

内装すべてDIYで、OPENまで時間が掛かってしまったんですって。
詳しくはこちらに

cafe7

今日(2度目)の席は此処。カントリーブルースが流れるとても雰囲気のある空間です。
レトロなザックリとした感じのインテリアも好みですが
特徴的なのはどの席もみんな落ち着いたひと隅みたいな配置なんです。
夫も収まっております。私も撮ってもらえば良かった!

cafe5

ランチセットで、キーマカレーにしました。美味しくてボリュームもあって満足です。

cafe4
cafe4拡大

上の写真の左に階段があるでしょ、ロフトまであるんですよ! 
ロフトで遊べて子供も飽きずに楽しめるから、大人もゆっくり出来るんです。
登らせてもらって、ちょっと高い位置からのアングルも

cafe6
cafe6拡大

自分の家の参考にもなるので、
カメラを持ち込んで、お客さんの引けた合間にいっぱい撮らせてもらっちゃいました

cafe8
cafe8拡大

お手製のスコーンやパンもいっぱい並んで、、、美味しいです。
キッシュも楽しみだったのですが売り切れで残念!

文句のつけようがない所なんですが、通えない訳がある

木曜しか営業してないの。しかも夕方5時迄!

オーナーは、本業牧師さんで、いろんな所で講演されていて、カフェだけど教会でもあるんです。


posted by 7575 at 21:01 | Comment(0) | ドトールにて

2016・11・10

今日からツナチェダー解禁〜! ドトールコーヒー

ハ〜イ、お待ちかねのツナチェダー今日から始まりまして
早速食べてまいりました。
今年も変わりなくつつがなく美味しい。。。でも最初

パンはアツアツなんだけど、チーズが心なしか四角い。
見るからにトロッとなってない感じ?そこはドトール歴○十年
かじる前にピ〜ンときて触ったら冷たい。
「何とかなりますか〜?」って持っていってアツアツにしてもらいました。
平謝りで勿論快く。

「今日から解禁だから、楽しみにしてたのでありがとう」 と言ったら、
「毎年!ありがとうございます。知らせて頂いて良かったです」
と気持ちよく返ってきました 

ツナチェダーって、トースターっぽい仕組みと電子レンジっぽい仕組みの熱源が
合わさった機械で調理するって聞いています。
なので、雑に作っているわけで無くても、機械のクセによって、
パンはアツアツなのにチーズが冷たいって事がたまにあるみたいなんです。


食べる前にチーズの状態をチェックするといいかもしれません
かじった後でも、作り直してくれるだろうけど、
多分捨てることになるかと思うと云いにくいし。

でも我慢して食べても、損した気分になるし。。。
「中が冷たくてガッカリ」って時々耳にするので参考迄に
posted by 7575 at 19:24 | Comment(0) | ドトールにて

2016・11・07

カレー味のポテトチップ

つい飛びついてしまった
ポテトチップの変わり味、バーベキューとかピザとかは
買ったことが無いし、バターチキンはどうでもいいんだけど、

カレー味!

chipstar300

ある様で無いんですよカレーチップは。


で、美味しいでないの〜

でもやっぱり、一度粉にしたので無いやつの方が断然好きなんだけどなあ〜

そうだ!今迄なんで気づかなかったんだろう!!

塩ポテトチップにカレー粉でまぶしてみればいいじゃん

丁度あったデルシードも擂って一緒に。これはいけるはずだ!

食べる分だけビニールに入れて、デルシードと粉入れて袋をシェイク---

意外とうまくからまないのね。でももう一度
初めは分量少なめでおっかなびっくりだったけどやっぱりおいしいです。
添加物の少ないシンプルな塩のポテトチップが好きなので
やった甲斐ありました。

今回はS&Bのよくある赤い缶のカレー粉+デルシードだったけど、
もうちょっと凝ったカレー粉にしたり、ディルを
タイム(勿論粉々じゃないやつね)やバジルに置き換えたり、
なかなかいいかも。


あんまり試すと太るな。きっと。
posted by 7575 at 20:45 | Comment(2) | 寄りみち?2

2016・11・05

古い紙物,エボシサービス会,茅ケ崎,湘南

先日実家に帰って古い写真を見ていたらでてきました。
紙その物じゃなくて、出てきたのは写真なので、ボケていますが。。。
たぶんデジカメでない一眼レフの試し撮りをしていたのだと思います

ebosi

茅ヶ崎の商店街で買い物したら貰えるポイントカードみたいなものです。
もう、すっごくケチで何百枚も集めないとどうしょうもないから捨てちゃって
と母がこぼしていたのを覚えています
きっと当時どの家にも何となくその辺にヒラヒラしていたのではないでしょうか?

昭和58年、、、1983年。まあ古いか?めずらしい?かも?
検索かけたら全く無かったので載せておきます
posted by 7575 at 06:56 | Comment(0) | 寄りみち?2

2016・07・21

暮しの手帖第一世紀2〜30冊、再々入荷しました

暮しの手帖第一世紀100号、他、2〜30冊UPしました

暮しの手帖第一世紀100号

後半がメインなので、後ろから見ていくといいかもしれません。

Sold Outの物も、写真を見ることはできます。
books mikkeより
posted by 7575 at 17:22 | Comment(0) | books mikke 5

2016・07・12

巡りあわせだと思う。ドトールで。

禁煙エリアの冷房の効きが悪くて暑いので、喫煙エリアに座った
誰も居なく涼しくてラッキー!もつかの間
せわしない感じの60前後の女性が隣へ来た
この手のタイプは着席と同時に煙草に火をつけるんだけどなあ、
忙しそうですごくお疲れの様ね。
食べ終わるまで吸わないでいてくれたら有難いんだけど。。。
なんて思いながら伺っていたら

だいぶ経って、ついに吸い出したか、普通に匂ってきた
でも何だか目の端に入る姿勢が変


あれ〜!!火をつけた煙草を指に挟んで、

思いっきり手帖の様な物に押し付けて寝ちゃってる!

ドンドン焦げてるよ!!

あわてて起こして消し止めたけど

非喫煙者の私達が居なかったら、気づくのが遅れて結構大変だったかも
ここはガソリンスタンド併設のドトールだし。

いつもいるお客は居なくて、いつも行かないエリアに居た私が見つけた

実際もっと近くに、休憩時の店員さんが喫煙に来ていたけど気づかなかった。
喫煙者は煙が当たり前だから。

この後また、ライターと火をつけようと新しい一本を握ったまま寝入っちゃって
ずっと見張って落ち着かなかった〜。



これも何かの巡りあわせだね。


posted by 7575 at 03:03 | Comment(2) | ドトールにて