2010・02・08

Colin Blunstone来日

今一番観たい人、The Zombiesのブランストーン。


一番好きなsummertime

好きなミュージシャンには、
「この人は此れコレの雰囲気の曲だけ求めます。後はいらない」
ってタイプと、「全部知っておきたい」
ってタイプの人がいると思うんですけど。

ブランストーンは、まさに後者。
はっきり言って、ルックスは好みじゃないんです。
表情がちょっと怖い感じがするし。
顔の四角いタイプの骨格もそんなに好きじゃない。
でもいい声の人って、顎周りがこういう骨格の方が多いように思うんですけど。。。?
今年64才だったと記憶しますが、今の方が素敵。


1981年。いつでもキーボードに、張りつかれる巡り合わせなんですね。
いくら時代とはいえこの台数は。。。。

曲も作るけど、ヴォーカリストの面が強いせいか、
ご本人の希望なのかそうでないのか、わかりませんが
アルバムによって随分イメージが違います。
音も、服装も。

アレンジなんかは正直「ゲゲゲッ!好みじゃない!」
と思う事も多いです。
でも、そんな事は一息で吹き飛ばしてしまう様な強烈な魅力がある唄。
声は勿論みなさん御周知と思いますが、声だけじゃないスリリングな感じ。
テンポが速いとか、攻撃的だとかそう云うスリルでなく。。。。

すべてのコンセプトや演出を突き破って迫って来る色彩豊かな歌唱。


アンドラ・油断してyou tubeのチェックを怠っていたらこんなのがあがっていました。

もうカラオケでもなんでも良いから
世界中の名曲をありったけ吹き込んで
どんどんCD出してくれないかな〜と、日々思ったり

ブランストーン作曲の、アルバムの隅の方に入っていて
サラッと歌っている小品もまたいい。。。なんてぼやいたり、

はぁ〜。summertime演るかしら。。。?


待ちに待った来日に狂喜乱舞です〜!
posted by 7575 at 20:46 | Comment(0) | 音楽

2010・02・10

希少本Victoria magazine 1987年~2003年まで173冊入荷! 只今UP中です!ほとんどコンプリート!!!

創刊号は、残念ながら逃しましたが、2号から押さえました
(写真下は3号目)
victoria magazine,1988年spring

当初は、Vitoriaの前にGood Housekeeping'sってついたんですね。
月刊でなく季節刊だった様です。

victoria magazine,1989年Dec.

写真には撮っていませんが、
巻末の広告ページも、victoria時代の新聞広告を思わせるモノトーンで雰囲気あります。

victoria magazine,1989年Dec.ターシャ・チューダのクリスマス
victoria magazine,1989年Dec.ターシャ・チューダのクリスマス拡大

ターシャ・チューダの赤いマント。。。これも見逃せません。
この号のターシャ・チューダ,クリスマスディスプレイのページは12pもありました。

victoria magazine,1989年April拡大
victoria magazine,1989年April拡大

出版社が変わる前の、
The Hearst Corporation時代のvictoria magazine
こんなに揃う事は滅多にないと思います。

もしかして、、、今だけ?日本ではもとより
世界で一番?Victoria magazineが揃っているのは
私共、books mikkeかも知れませんヨ!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

おかげ様で、ちょこちょこSOLD OUTになっています。
1992〜1995分を随時UPして行く予定です。(2/17)
posted by 7575 at 13:37 | Comment(4) | books mikke

2010・02・12

●●送料一律?それとも実費?と代金引換のお支払い。●●           代金引換をコンビニでも対応して下さい〜!

books mikkeのお客様は、代金引換でお支払いになる方がほとんどなので、
どうしてなんだろう?と考えてみました。

代金引換とは、荷物を届けた際、料金を集金してくる手数料が250円。
集金した金子を私共の口座に振り込む手数料が120円。
送料の他に、合計370円余計にかかります。
まだまだお店の規模が小さいので、代金引換は郵便のみでしか扱えません。

例えば厚さ1〜2cm以下の500円の雑誌を一冊お買い上げの場合
送料と代金引換手数料で、本の値段より高くなってしまいます。
メール便を使ってオンライン振込みで手数料0なら
品物以外の代金は80円〜160円で済みます。

オリジナルアクセサリーのwebshopもやっているのですが、
定形外郵便は無料、としているせいか代金引換えはほとんど無いです。
アクセサリーの方が金額が高いので
到着を心配して代金引換えを選んでいる訳でもないようです。

こうなって来ると、
「送料を含めたメールのやり取りより、早く手に入れたい」のかな?と考えます。
そもそも、アクセサリーは受注制作なので「思い立ったら急ぐ欲しい」方は
素通りだと思いますが。

こういう趣味の物を購入する方はみなさんは、
あまりお金には困っていらっしゃらないんだろうとは思うのですが、どうなんでしょう?

送料一律のお店も多い様ですが、
一番安くお届けできる方法を選択肢として外したくないのです。

送料云々のメールをやりとりをして発送が一日延びるのって
堪え難いものなのでしょうか?

夫は送料一律派。私は実費派。で意見が分かれています。
オンラインで買い物をするのも古本を買うのも私の方が多いので、
夫よりお客様の立場に近いって事で送料実費にしています。

books mikkeのお客様もそうでない方も
今後のスムーズなサービスの為にも実際の所伺ってみたいです。

とりあえず、
お急ぎ理由で代引を希望される方にお知らせしておきたいのですが、

ゆうメール代引きは土日祝日郵便局が休みの為発送出来ません。
土日祝日やっている郵便局は、とても遠いので
即日持って行けるとお約束出来ないのです。


やっぱり急ぐ欲しいんですよ。という方は
代金引換ゆうパックが一番早いです!
ゆうパックは、休日も集荷に来てくれますから。


そして、発送する側の切なる希望は。。。
ゆうパック代金引換をコンビニでも対応して下さい〜!
ゆうメール代金引換もポスト投函で出来るはずです〜!!
どちらも250円多く払えば済む事ですから。
posted by 7575 at 13:56 | Comment(2) | books mikke

2010・02・16

ラインストーン&ビーズのブローチ仕上がりました。帽子やバッグにちょっと留めたい。

まだまだ寒いけど、春は来ていますよ〜!

ザックリとしたコットンにピッタリのブローチ作ってみました。

雪の結晶風ブローチ拡大
雪の結晶風ブローチ拡大

●主素材●
スワロフスキーの爪付きラインストーン、
キャッツアイ、特小ビーズ、小ビーズ、
雫ビーズ、ニッケル金具いぶし

●サイズ●
端から端まで3.6cm。
厚さ金具込みで一番厚い部分で約1.5cm。

ラインストーンとビーズのブローチ拡大
ラインストーンとビーズのブローチ拡大

レースやリボンをプラスして、帽子やバッグにもかわいい。
淡水パールが揺れる、小さいのもあります。

お買い物はこちらです。
posted by 7575 at 21:15 | Comment(2) | ●●●●●b

2010・02・17

八重洲出版の雑誌 サイクルスポーツ バックナンバー1979年,1977年,UPしました!

お待たせしました。
サイクルスポーツ バックナンバー
1979年コンプリート
1977年、1〜8月号UP完了致しました。


店長(夫)が入れ込んで写真を撮り過ぎて
時間がかかってしまいました〜。
books mikkeにて、どうぞご覧下さい。お待ちしてます!
posted by 7575 at 21:12 | Comment(0) | books mikke

2010・02・24

古本のカビ臭いニオイ

『古本のカビ臭いニオイってどうもダメだよ。気持ち悪くなる』
夫がポツリと言いました。

「エ〜!!!?そんな人がいるなんて。。
しかももうウチは古本屋始めてるんだよ!!!」


人の趣向はそれぞれだって日々痛感しているはずなのに
古本のカビ臭いニオイが嫌いっていうか、気に止まる人が存在するなんて!
って不覚にも今迄気づきもしませんでした。

Webで調べてみたら、いるいる。

へぇ〜。私にとって古本でなくても
カビ臭い=静寂・ひんやり=自己解放=心地よい・好ましい空間
でしかないんですけど。

とはいえ、そんな私でもすごくカビ臭くて堪えられない古本を持っていた事があります。
もう青カビだらけのパンに顔突っ込んだみたいに強烈だったんです。
本自体はきれいなんですけどね。

勿論私物ですよ。さすがに読み進む為にカビ臭をなんとかしました。
ある程度、なんとかなるんですね〜これが結構簡単に。


3~4Pづつ押し花みたいに、
ティッシュにラベンダーの葉っぱを挟んでおくだけです。
でこぼこするので、ページの上部に挟んだら次は下部という具合に
随分昔に試した事なので何日位で臭いが消えたか忘れましたけど。

多分ラベンダーでなくても良いと思います。お好みの植物で。
葉っぱもちょこっとでいいんです。一カ所ひとちぎりで。
後で取り出しやすいように、ページからティッシュがはみ出すくらいが良いですよ。

ちなみに本は函入り、ハードカバー、厚紙の写真と文の大型本でした。

posted by 7575 at 21:20 | Comment(2) | books mikke