2013・10・11

夜、70号線名栗方面へながして、飯能方面へ帰る途中。。。。

近くのスーパーに買物の帰り、
青梅方面への合流地点迄車で時々散歩します。
山王峠へ折れずにもう少し名栗寄りの信号です。

まだ、午後9時前なのに真夜中みたいな此処70号線。
制限速度は40Kmですが、50Km位でみんな後ろからひっついてきます。
煽っているわけでもないんでしょうけど、
カーブも多く追われている感じ。そんな状況下でのおかしな話。

信号で折り返して、

気がつくと後ろに警察。

赤いランプを点滅させながらつかれてしまった。
私たちが先頭で、滅多に車も無い道なのに
ちょっとした列になってます。


夫「いやだな〜。」
私「煽られなくっていいじゃない。40Kmでゆっくり走りたいんだから」
夫「見張られて40Kmで走らされるのはいやなんだ」
私「そお?」
夫「ず〜ッと引っ付いて、なんて陰険なんだ。」
夫はずっとぶつぶつ言い続け、それがおかしい。
私「陰険もなにも追い越し禁止だしね。
向こうもとろとろしていてパトロールとはいえ渋いんじゃない?」


マイクロバス型のパトカー?護送車?は
あきらかに40Km以上だったからで吸いついて来たわけで、
こっちが普通並みに50Kmだったら
平然と50Kmでついて来るのかどうかに興味があった。

20Km以上オーバーしないと捕まらないって話だけど
前にパトロールしていたパトカーはきっちり制限速度で走っていた。

4Kmくらい行った所で。

私「本当に警察なの?」
夫「そうだよ。赤は消防か警察。何にも鳴らしてないからね」
私「なんかバックミラーから、黄色地に黒い太い看板みたいなプレートが見えるけど?」
夫「いやいやあれは警察だ。」

ど〜も疑わしいくなってきたけど文字は読めませんでした。

暗くて、赤のチカチカしかほとんど見えないんです。

脇からの出入りもあまり無い道なので、ず〜ッと一緒。

夫「あ〜あの脇に入ればよかった」
10Kmあまりもこぼし続ける夫でした。

だいぶして正面から、消防車がリンリン、リンリン。


私「あの消防車にも似たようなプレートがあったようにみえたけど?」
夫「後ろのは無音だから絶対違う。パトロール」


しかし。。。家に着く頃(此処だけ多少明るい)

すれ違ったはずのリンリンが

いつまで経っても遠くならない!

お仲間とすれ違うと同時に
本来の勤めを果たしにかかった消防車だったのでした。

夫「だははは------!」

私「ちょっとーーー!

もう一回仕切り直し〜〜!」

posted by 7575 at 22:03 | Comment(2) | 寄りみち?2