2014・01・09

大滝詠一さんは、入間市の茶どころ通りを通られたと思います。

暮れに大滝詠一さんの訃報を聞いて、色々検索していました。

私はと言えば、音楽的にはそんなに詳しいわけじゃなく、A LONG VACATIONを
当時良く聞いていたって言う程度なんですけど、
飯能に住むようになって、瑞穂町の方にも時々行きますし、
普段からよく話題に上って身近に感じていたこともあって
知るほどに興味が増しています。

ところで、青梅や瑞穂町に近づく時によく通っている「茶どころ通り」と言う農道、

noudou1
茶どころ通り,拡大

畑と工場地帯と、高圧電線がバーンと構えた
単に自然いっぱい!っていう単純な気持ち良さじゃない
荒涼としながらも、説得力のある眺めが気に入っています。
地平線でこそ無いけれど、ほとんど360度の視界です。

noudou2
茶どころ通り,農道,拡大

そして、此処を車で通る時に、
何故か急に聞きたくなってピッタリ来た曲のひとつに
Roy Orbisonがありました。

話は戻りまして、大滝詠一さん、
時々近くの山をキャデラックで走っていたんですって。


瑞穂町近くの山って、飯能か秩父か奥多摩?名栗?


ウチの近くも走ったかも??

山を走るなんてすごく意外で、驚くと同時にもっと身近な感じ。

山を走るくらいなら、

きっとこの農道も走ったに違いない


もしかしたら、Roy Orbisonを聞きながら?

何の確証もありませんが、勝手に思い込んでいます。

noudou
茶どころ通り,地図,拡大

ちなみに地図の緑の部分です。

大滝さんに一番ピッタリの呼び名、

「生き字引」

もう使えないんですね。

posted by 7575 at 21:30 | Comment(0) | 音楽

2014・01・27

ドアに明かり取りの窓を付ける,DIY,和風の引き戸

階段が暗いので、和風の引き戸をリフォームがてら
明かり取りの窓を作ってみました。(2013 1月の作業でした。)

思い切ってジグソーでバリバリ〜ッと穴をあけました。
骨組みのつもりが用を足していない木辺も一緒に切ってしまいました。

dr_wn1,拡大
dr_wn1,拡大

一番下の窓は、戸の外からもネコの様子を見る為です。

ガラスでなく、アクリルボードを使って、気軽にいくつもりです。

dr_wn2
dr_wn2


戸の厚さの木片を挟んでボンドで固定します。

dr_wn3,拡大
dr_wn3,拡大

一応垂直水平はとりました。

万力がたくさんあるわけでもないので、
ボンドが乾くのを待って、又固定。の繰り返しに
結構時間がかかりました。

dr_wn4
dr_wn4

アクリルボード(3mm)を支える為の木片(工作用でよく見る桧)を
小クギで留めるつもりです。
先に少しクギを打っておいてから、枠に打ち付けるのが
押さえやすくて楽でした。

dr_wn5,拡大
dr_wn5,拡大

木片は、額縁で隠しやすいように、戸本体と高さが合うようにします。
そして、この時点でペンキを塗ったり、壁紙を貼ったりしました。

アクリルがはまると傷つきそうですから。

dr_wn6,拡大
dr_wn6,拡大

ふすまを剥がしたままの薄い合板にペンキを塗って
窓の枠は、やはり桧をちょんちょんと小クギで留めただけ。
ネコも爪研ぎそうだし、此処は作業部屋でもあるので、
荒っぽい仕上がりです。

アイデアが出たら、改良する余地があるっていうのが
作業部屋っぽいかなと勝手に思っています。


何本かの板が木ねじで留めてあるのは、ネコの爪研ぎ予想エリアです

dr_wn7
dr_wn7

外側は、壁紙を貼って、ドアの側面部分に5mm位の板を
やはり小クギで打ち付けました。

ちょっと開閉が重くなりましたが、
ネコの自由出入りを防げて、安心の様な気もします。

今回良かった点は、爪研ぎ用に留めた板は
丁度いい具合に手がかかって、
部屋の雰囲気に合った引手になった所かなと思います。

dr_wn8,拡大
dr_wn8,拡大

そして、お気に入りの場所が増えた子もいて、

ばんざ〜い!
posted by 7575 at 22:07 | Comment(2) | DIY

2014・01・29

Hieronymus Bosch. the Complete Works,ヒエロニムス・ボス,全作品,快楽の園,Taschen画集 ボッシュ,入荷しました。

発売予定日:2014年4月のようですが、


手元にございますので、今すぐにお買い上げ頂けます!

しかも、ちょっぴりお安く!!!

ヒエロニムス・ボス,全作品,拡大
ヒエロニムス・ボス,全作品,拡大

個人的に、今手持ちの画集を読み返していて、

もっと大きくしっかりしたのが欲しいな〜

できれば全作品の

なんて思って探していたら、

2016年で、没後500周年なんですって。

そんな盛り上がりもあって、Taschenから4月に出るみたいなんです。


Hieronymus Bosch. the Complete Works


ボッス,全作品,拡大
ボッス,全作品,拡大

撮影の為に、そ〜っとパッケージを開けました。
勿論手袋して。

45.8×31.8cmは、大きくてたっぷりきれいです。

章のくくり等には、黒地に金文字とか金地に黒字が効いていて。。。


306ページもありますから、
普通では取り上げない部分UPもたくさん。
値段もお手頃といえるのではないでしょうか?

Hieronymus Bosch. the Complete Works,拡大
Hieronymus Bosch. the Complete Works,拡大

印刷の雰囲気確認用に寄って撮ると、
絵の具のひび割れも解るくらいの鮮明な画像。

詳しくはbooks mikkeにて!1冊のみ!
posted by 7575 at 02:38 | books mikke 4