2019・03・07

白梅紅梅

飯能に越してきて7度目の梅の季節、
山間部の気候がらか今迄梅がほころぶのを見る事は無かったのですが
(開花が遅く、だいたいドバっと桜の様に咲くんです。
ひどい時は開花が遅く、桜が覆いかぶさるように咲いてしまいます。)
今年は平地の感覚に近い梅らしさ感じられました。


拡大

梅って濃いピンクの花を紅梅っていうんじゃないんですよね、
幹の切り口の色で決まるんでしたっけ?

ともあれわが家のしょぼっちい紅梅?も一緒に越してきて、
鉢から地に降ろして数年、やっと落ち着いてきました。

ところが。。。


拡大

地に降ろして年々、、、しだれ梅の紅梅のはずが、脇から白梅のまっすぐの枝が
結構な勢いで伸びています。


何故でしょう?



こんな感じで。

時々接ぎ木で2色咲かせている物は見かけますが、
この感じだと白梅が勝ってしまう気がしています。

まあ2本のびのびと植えられるくらい広い庭だったら良いんですけどね
白梅の所々に赤のしだれが来るように接ぎ木出来たらどうだろう?
posted by 7575 at 12:39 | Comment(0) | お庭2

2019・03・14

結局何もできなかった!

先日家からバス停まで数分間に下記のようなことが起こりました。
()内は私の気持ち、突然で、展開が速くて、ちょっと怖くて、何にも出来ず言えもしなかった。あ〜あ。

1、突然放し飼いの黒くて大きな犬が飛び掛ってきた。多分写真と同じ。よく見ると機嫌もいいみたいだけど、私には猫の匂いがいっぱいついているので相手にせず、身体をずらし別の方へ向かったら、追いかけてきた。




2、今度は近くのおばあさんに飛びついて、キャ〜
おばあさんと私と、一足早く犬がバス停に到着。
ひとりでもう並んでいた別のおばあさんに飛びついてキャ〜。

3、犬ははしゃいで、この頃になってくると3人とも怖さも薄れ、
はしゃいでうろつくので、車に轢かれそうで危ないと案じつつ
おばあさんは犬に話しかけ、最後の人はついに首輪を掴む。

4、バスは30分に一本しかなく、そろそろ到着するも、
このままじゃ危ないと、首輪を掴んだ人が「私残って警察にこのまま届けます」と。

5、(なんていい人、でも飼い主のお迎えが遅れたら一週間で殺処分、
そんなこと知らないようだし、なんていって説得しようか?でも此処も危ない、
もうバスも来るし、私も今日は急いでいる。)

6、そうこうしているうちに、飼い主が後を追ってきた。
ちょっとルーズな感じのオッサン。隙を見て逃げ出した、轢かれたらそれも運命だと反省の色無し。
逃走も初めてじゃない様子。(今後はぐれたら、さっきのような善意の人が警察に届けるだろうから、
まず保健所に連絡しないと殺されちゃうよ。と教えなければ。)
残念!バスが来た!

バスを見送る割りきりができませんでした。今もこの一件がしこっていまして書いてみました。

*写真は拾い物です。
posted by 7575 at 01:09 | Comment(0) | 寄りみち?3