2012・12・22

天然木のフローリング,仕上塗装の準備,ウッドコート,杉,DIY,

去年の春からこの夏迄の作業です

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

*この記事は右も左もわからないの方の為に
素人の私が、疑問に思ったり、
失敗した事等を中心に書いています。
普通に淡々とした説明は
他の方のブログによく見かけますので省いています
そちらも合わせて参照されると良いかと思います

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

さあ、いよいよ仕上げ塗装です。
準備するもの。

*まず塗料、私はこれを使いました
満足しています。


自然塗料なので、ネコにも安心。
しかも、一度塗りでも撥水性抜群です。
にゃんこのオケポもなんのその。
一見高そうですけど、木自体に油を吸わせるので
膜が剥がれて来てどうこうなんて心配は無いし
ものすごく伸びがいいので、
0.75Lで気合いを入れて塗れば12帖くらいラクにいけます。

ウッドコート


此処が安かったので買いました。
ウッドコート,バニラ0.75L
ウッドコート,ダークブラウン0.75L

色は透明を含めいろいろ揃っています。

扱いの詳しい説明はこちら。

*150番の紙ヤスリ。

もしかしたら、もっと荒くても良いのかもしれません。
けど、これより一段階細かい180番では
塗料がうまくなじんで乗らない感じがしました。
木材によると思いますし、安い物ですので
色々買って端材で試すのが良いでしょう

*際をヤスル為の角材
紙ヤスリを巻き付けて使います。
握りやすくて効率よくヤスれる大きさのもの。

*粉塵マスク

*太めのマスキングテープ
壁の下部をカバーします。

*水をいれたバケツ

*こぼしたとき用の雑巾(きれいなもの)
*余分な塗料拭き取りようの雑巾数枚。
*厚手のゴム手袋

スポンジに少量ずつ染まして
思いっきり力を入れて擦り込みますので
厚手がお勧めです。それでも破ける事もあるので
予備もあるといいです。

*細めの刷毛。
木の継ぎ目等スポンジで届かない細い所に塗る為なので、
私は、普通の水彩絵の具の筆を使いました。
とにかく刷毛だけは100円ショップでない方が良いと思います
以前毛が抜けて往生しました。

*台所用の食器洗いのスポンジ
風呂用等の大きめな物でない方が良いと思います。
100円ショップので充分ですが、キクロンが丈夫です。

*かき混ぜようのヘラ
それ用のでも良いけど、
料理用の中くらいのゴムベラが重宝でした。

*スポンジよりちょっと大きめで深すぎないタッパー
小出しに此処に出してスポンジに付けながら使いました
バケツより使いやすかったです

*そして、サンダー(写真下)
これ、かわいいでしょう!


サンダー

リョービとカインズの共同企画で3980円。
普通の工具メーカじゃホワイトって言う発想は出ないですよね。
汚れてみすぼらしくなるだろうと覚悟して買ったけど、
結構きれいさを保って、安いけど十分使えています。

DIYは好きですけど、インパクトとか、ジグソーとか、サンダーとか
マシーンは、えらく緊張して神経消耗します。


特にジグソー!怖いよ!

っていうわけで、
インパクト,ジグソー,サンダー,みんなリョービで揃えています。

何故かって、すご〜く単純な理由なんですけど
我が家のキョーヴィにゴロが似ているから
親しみを感じて。っていうか感じようとして。

サンダーなんか特に見た目も似てたりして。。。。

キョーヴィで〜す。


ふわふわ,拡大
ふわふわ,拡大


えっ何?顔が見えない?

tatta
たった,拡大

お邪魔様〜

次回に続きます。

posted by 7575 at 04:44 | Comment(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント: