2014・01・27

ドアに明かり取りの窓を付ける,DIY,和風の引き戸

階段が暗いので、和風の引き戸をリフォームがてら
明かり取りの窓を作ってみました。(2013 1月の作業でした。)

思い切ってジグソーでバリバリ〜ッと穴をあけました。
骨組みのつもりが用を足していない木辺も一緒に切ってしまいました。

dr_wn1,拡大
dr_wn1,拡大

一番下の窓は、戸の外からもネコの様子を見る為です。

ガラスでなく、アクリルボードを使って、気軽にいくつもりです。

dr_wn2
dr_wn2


戸の厚さの木片を挟んでボンドで固定します。

dr_wn3,拡大
dr_wn3,拡大

一応垂直水平はとりました。

万力がたくさんあるわけでもないので、
ボンドが乾くのを待って、又固定。の繰り返しに
結構時間がかかりました。

dr_wn4
dr_wn4

アクリルボード(3mm)を支える為の木片(工作用でよく見る桧)を
小クギで留めるつもりです。
先に少しクギを打っておいてから、枠に打ち付けるのが
押さえやすくて楽でした。

dr_wn5,拡大
dr_wn5,拡大

木片は、額縁で隠しやすいように、戸本体と高さが合うようにします。
そして、この時点でペンキを塗ったり、壁紙を貼ったりしました。

アクリルがはまると傷つきそうですから。

dr_wn6,拡大
dr_wn6,拡大

ふすまを剥がしたままの薄い合板にペンキを塗って
窓の枠は、やはり桧をちょんちょんと小クギで留めただけ。
ネコも爪研ぎそうだし、此処は作業部屋でもあるので、
荒っぽい仕上がりです。

アイデアが出たら、改良する余地があるっていうのが
作業部屋っぽいかなと勝手に思っています。


何本かの板が木ねじで留めてあるのは、ネコの爪研ぎ予想エリアです

dr_wn7
dr_wn7

外側は、壁紙を貼って、ドアの側面部分に5mm位の板を
やはり小クギで打ち付けました。

ちょっと開閉が重くなりましたが、
ネコの自由出入りを防げて、安心の様な気もします。

今回良かった点は、爪研ぎ用に留めた板は
丁度いい具合に手がかかって、
部屋の雰囲気に合った引手になった所かなと思います。

dr_wn8,拡大
dr_wn8,拡大

そして、お気に入りの場所が増えた子もいて、

ばんざ〜い!
posted by 7575 at 22:07 | Comment(2) | DIY
この記事へのコメント
すごくいい感じに仕上がっているね。
プロ顔負けの腕前!!
Posted by こまど at 2014・01・29 07:53
こまど さん

ありがとう。実際はアラいっぱいで、
あまり人に勧められる方法でもないので、
サラッと書いてます。
Posted by 7575 at 2014・01・29 17:54
コメントを書く
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント: