2007・10・06

猫目石(ネコメ石)とキャッツアイの違い?

猫目石(ネコメ石)、英語ではキャッツアイと呼ばれています。

nekome01.jpg

そもそも猫目石(キャッツアイ)という石が、
もともとあるものだと思っていましたが、
ちょっと違っていました…。
石の種類としての名前はクリソベリル(金緑石)なんですね。

カボション(半円球)カットされた石の表面に、猫の目のように見える効果が
現われていることをキャッツアイ
またはシャトヤンシー(フランス語)と呼ぶそうです。

このキャッツアイ効果が見られる石の代表がクリソベリルで、
他にもクオーツ、トルマリン、アパタイト、アクアマリンなどにも
キャッツアイ効果があるとのこと。。

nekome02.jpg

つまり、石の名前として使われる猫目石(キャッツアイ)とは、
キャッツアイ効果が出ているクリソベリルのことで、
言葉の正しさにこだわれば、クリソベリル・キャッツアイと呼ぶべき…。
クリソベリルの主な産地は、ブラジル、スリランカ、インドなど。

ちなみに写真は、あまりキャッツアイ効果がでていないクリソベリル。
でもこの色合い、これはこれでしっとりとした艶が上品できれいです。

客観的な石のランク等より、創ろうとしているデザインのイメージに
合うかどうかを優先していますので、
今まであまりまとめてみようと思いませんでしたが、

せっかくなので、わかったことを時々
書きとめていこうと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。by 歩湖
posted by 7575 at 19:59 | Comment(2) | 天然石etc.の使用素材

2009・08・06

高瀬貝後染め

Viridianyで、使用しているパーツの紹介です。
アクセサリー全体の写真ではわかりにくいので
アップで載せてみました。

タカセ貝

高瀬貝とかタカセと表記されている事が多いです。
よく、シャツのボタンに使われています。

後染めというのは、オフ以外の色を示します。
正確には貝その物を染めるのではなく
微妙な色の薄い樹脂の膜でコーティングしてあるようです。

タカセ貝

一見アクリルパーツに見えますが、実際手に持ってみると
光沢がテカテカしすぎていなかったり
柄の入り方が自然です。
多少いびつだったりする所もまたあじがあります。

タカセ貝

オフホワイトの貝と比べると100%ナチュラルではありませんが、
雰囲気としては、ナチュラル+セルロイド的な懐かしい香り
を意識して使っています。

高瀬貝ナツメ

最近では、このネックレスに使いました。


posted by 7575 at 20:06 | 天然石etc.の使用素材

2009・09・22

特小ビーズ

お客様が アクセサリーを、買い物する様子をリサーチしていると、
身につけて鏡であててみたリしながら、

アクセサリーにかなり顔を近づけたり、裏をじっくり検証したり
接写の視点で、真剣に選んでいく様子を見受けます。

ssbs0

WEBSHOPでは、
そうしてじっくり見て得る情報量が少なくなってしまいがちなので
極力細部まで見れる大きな写真を載せる様にしています。

そこで、小さく細かな物である事を伝えるのが、なかなか大変です。

Viridianyでよく使っているビーズで、「特小ビーズ」
というのがあります。(写真の番号1がそうです。)
これは、ビーズ屋さんで普通に使われている商品名なのですが、
ご自分で制作なさる方以外は馴染みが無いかもしれません。


写真の番号2、下の写真白い部分は「小ビーズ」
よく手芸屋さん等に昔から普通に置いてあるものです。

大きさの違い、わかりますか?

ssbs3

Viridianyのアクセサリーのほとんどは、
細かい表情や、しなやかさを出す為に両方を使い分けています。


ssbs1

上の写真は、上が特小ビーズ、下が小ビーズのモチーフです。
これをトッピングした天然石&シルバーのピアスは、
人気があります。


さあ実物大。。。。

ssbs4

これは、1280×980のディスプレイでほぼ実物大です。
「特小ビーズ」使用の場合、使用素材の欄に明記してございます。
WEBSHOPでご覧になる時の参考にどうぞ!





posted by 7575 at 12:21 | 天然石etc.の使用素材