2017・11・16

名栗湖/有馬ダム


拡大


寒くなる前に名栗湖に行きました。
デジカメを持って行くと、セコセコ写真ばかり撮ってしまって
.....しかもうまく写っていないし.......
って事で

安物スマフォでいい加減に撮りました。
なんだか色も良くないので、

ヤケクソで撮影モード「文字」で

乳白色もとい乳緑色の水面とちょっとしかない紅葉が結構気に入っています。
posted by 7575 at 19:51 | Comment(2) | 寄りみち?3

2017・11・28

紅葉

ここ飯能は、内陸で山間部気候。秋や春が少ないようです。
冷えてきたと思ったら、わ〜っと冷え込んで紅葉して
にわか雨風も結構あって、すぐに葉は飛び散って無くなるし
おまけに杉の植林がほとんどなので本当に紅葉が少ないです

写真は、2007年12月の町田市 今井谷戸近辺。


拡大



毎年このイチョウ並木が
グレーの汚らしい道を隠してくれてこの時期ちょっと素敵でした。

かなりのスペースですが、誰も道を掃かないのです。


拡大


どうということもない街だったけど、
この時季必ず此処のイチョウ並木を懐かしく思い出します。

posted by 7575 at 23:14 | Comment(2) | 寄りみち?3

2018・04・10

飯能市、もうじき丸7年


路上にいる時間が増えました。私は横に乗ってるだけですが。



それはそれで気に入っています。

自分たちが走ったのはこの半分強ですし、



まだまだ行きたい。
posted by 7575 at 23:08 | Comment(2) | 寄りみち?3

2018・04・14

おっ!

よけ合ってやっとすれ違える細い道を、車と車で行きかいました。
ドライバー同士、挨拶に手を挙げるついでに

私も助手席からニッコリと手を

「振りました」

同じ車種だったので親愛の情をもって。

こちらはいつも、路上で同じ車種を見かけた時
.....決して良い車とはいえないけど、物好きしか乗らない車だと思うので....

「おっ!」と思って中の人を見るのですが
むっつり気に入ってもいないような顔で運転していて
見向きもしない人が多くてつまらなかったのです。

今日は近かったせいか、

ニコニコと手を振りかえしてきたのでした〜!

ホホホ!
posted by 7575 at 00:50 | Comment(2) | 寄りみち?3

2019・03・14

結局何もできなかった!

先日家からバス停まで数分間に下記のようなことが起こりました。
()内は私の気持ち、突然で、展開が速くて、ちょっと怖くて、何にも出来ず言えもしなかった。あ〜あ。

1、突然放し飼いの黒くて大きな犬が飛び掛ってきた。多分写真と同じ。よく見ると機嫌もいいみたいだけど、私には猫の匂いがいっぱいついているので相手にせず、身体をずらし別の方へ向かったら、追いかけてきた。




2、今度は近くのおばあさんに飛びついて、キャ〜
おばあさんと私と、一足早く犬がバス停に到着。
ひとりでもう並んでいた別のおばあさんに飛びついてキャ〜。

3、犬ははしゃいで、この頃になってくると3人とも怖さも薄れ、
はしゃいでうろつくので、車に轢かれそうで危ないと案じつつ
おばあさんは犬に話しかけ、最後の人はついに首輪を掴む。

4、バスは30分に一本しかなく、そろそろ到着するも、
このままじゃ危ないと、首輪を掴んだ人が「私残って警察にこのまま届けます」と。

5、(なんていい人、でも飼い主のお迎えが遅れたら一週間で殺処分、
そんなこと知らないようだし、なんていって説得しようか?でも此処も危ない、
もうバスも来るし、私も今日は急いでいる。)

6、そうこうしているうちに、飼い主が後を追ってきた。
ちょっとルーズな感じのオッサン。隙を見て逃げ出した、轢かれたらそれも運命だと反省の色無し。
逃走も初めてじゃない様子。(今後はぐれたら、さっきのような善意の人が警察に届けるだろうから、
まず保健所に連絡しないと殺されちゃうよ。と教えなければ。)
残念!バスが来た!

バスを見送る割りきりができませんでした。今もこの一件がしこっていまして書いてみました。

*写真は拾い物です。
posted by 7575 at 01:09 | Comment(0) | 寄りみち?3

2020・04・28

湘南帰省 不要不急?必要緊急?

父が亡くなり、やっと一年の母ひとり暮らし78歳。
「もう生きてるうちに会えないかもね」と毎日電話でさらりと言われ。
「帰省しないでね、湘南に来ないで」と国に言われ、、、

実家問題。
電話線の調子が変で度々繋がらない、おまけに下水が詰まって遂に風呂に入れない!
業者を呼んでほぼ解決、と思ったら今度は

トイレのドアノブがイカレてドアが開かない。
番号調べて教えたけど、こんなご時世で何度も知らない人を呼ぶの嫌だって!

トイレ、部屋でするからいい」ってわりと動じない母。

でも先日
ウンチをゴミの日に出す前に捨てたくなって、持ち歩いたらしい。
全然ボケてなくてもそういう人。

別の日まだ自粛前、警官の練習か、海岸で職務質問されたって。
「カバンの中見せなさい」って。

ウンチ持ってる日だったら、、、と思うと、、、

それに間違えてトイレに入ろうとして電気点けて「あっダメだったんだ」と
点けたまま引き返して、後になって電気のついたトイレを見て
解っちゃいるけど人が籠っているようで怖くなる
って。それはわかる。

考える事2か月弱、GWやりすごしても、行くのにもっとリスクになるかもしれない、、
でも、私に直せそうもない感じ。

それとは別に、
夫が病院変わり損ねて、いまだに平塚に3か月に一度掛かっていて、こっちはこっちで
こういう時に、病院変わって余計な会話したくないそうでそれも解る。
一緒に車でいざ茅ヶ崎、平塚へ。所沢ナンバーを白~い目で見られながら。。。

幸いドアは思いの他簡単に開きました。
でもあまり嬉しいくも無い母。「別によかったのに。(直って)威張るな」だって。

不要不急だろ夫は!私も不要不急だよね!
でも普通の人ってこういう帰省は
「緊急必要」と思って実家に駆けつけるんじゃないかな?きっともっと早く?
各自の緊急必要って、他人にとっては不要不急なんだよね。
posted by 7575 at 21:10 | Comment(0) | 寄りみち?3

2020・06・04

ラッシュ時の思い出。下北から渋谷へ井の頭線内の5分間

ツイッターで、ラッシュで貧血で倒れて冷たくされたツイートがいくつか回ってきたので
自分のラッシュ時の思い出を書きたくなりました。

30年位前、下北から渋谷へ井の頭線内の5分間

4分目ですでに意識がやばかった、っていうか吐きそうで、

ぎゅうぎゅうラッシュで吐くのは、まずすぎると思いながら必死で耐えた。

ドアが開いたとたん目の前が真っ暗になりホームに一歩踏み出して倒れたのですが、、

視界が暗くて見えてないけど、

地面に手やひざが付く前にすごい速さで2人の駅員さんが

私の両腕を抱えてベンチへ運んでくれた。

仕事といえばそうでしょうけど、神業でした。

「大丈夫ですか?詰所で休みますか?」
暑い屋内はダメだと思い、私は突っ伏しながら売店を指差して懇願しました。

「このままが良いです。すみませんが、

いつもトマトジュース飲むと直るんです。有塩の!!」

すぐに買ってきていただき、意識も大分正気になってお金を払おうと詰め所に声をかけたら
「いいですよ」と受け取ってもらえませんでした。(この辺記憶が曖昧)
今考えてみると、後でお礼に行くのが筋ですね。

けど何とか起き上がって会社に向かうのが精いっぱいで、顔を覚えていませんでした。
プロって凄い、通勤は痴漢やケガもあったり辛かったけど、この事は今もいい思い出です。
あの時の駅員さん、本当にありがとうございました。
posted by 7575 at 02:09 | Comment(0) | 寄りみち?3

2020・11・01

老親は甘やかすとボケると思う。介護?

先日母が一泊した。 夫はとてもよくしてくれた。
母も私も楽しかった。

父が逝って一年半、少し落ち着いたが、コロナ禍もあって、
「長く生きたくない」
「もうこれで会えないかもしれないけどそれはそれで」とか
普段からシツコイ。

「死ぬのはみんな同じ。免罪符にならないから。」と、

私は甘やかさない。

突然の心不全だったので、父は生きたい気持ちが強いまま、
「ちくしょう」と言いながら亡くなった。


とても仲の悪い夫婦だったけど、父の写真にしょっ中感謝を唱えている。
そんな感謝より、生きたくても死んでいった人を横目に、

「長く生きたくない」なんて罰当たりだと思う。

精一杯前向きに暮らす事が感謝じゃなかろうか?

散歩して、つり橋で一緒に写真を撮ったら

「もう写真も最後かも。。」と始まった。

「じゃあ遺影だから、帽子取らないとね。」

と、剥がそうとしたら、白髪も染めずノーメイクだった母、

「遺影はコッテリ(化粧)塗らないと、

このままじゃやだ〜!!」

って、凄い勢い、執着。79歳、まだ頑張れそう。
posted by 7575 at 19:08 | Comment(0) | 寄りみち?3