2019・02・16

お久しぶりです。ヴィーガン粉チーズ

乳不使用の粉チーズを作ってみた。
酒粕(又はニュートリショナルイースト)+玄米粉(米粉も可)
+アーモンドプードル+塩+オリーブオイル

いい加減に作ったから、酒っぽさが抜けなかったけどまあ食べれましたし、
もっと工夫すればチーズっぽくなって、粉チーズはクリアできるでしょう。
ちなみにWeb上に無かったけど、私はエビオスを入れてみたいなと思いました。

皆さん色々工夫されているようで、いろんな分量比やアレンジがたくさんでした。

なので読むうち

「パスタには必ずしも粉チーズじゃなくってもいいんだよな」

って思うようになりました。そういう意味じゃ脳の活性化になったようです。

普通にすり胡麻ドーンとかけるとか、細かくした胡桃なんかもいいだろうな。

とにかくめんどくさい。

ここまでやるのに、調べて考えて材料そろえてうんざりして、
いざ料理(この場合なんでもないことなのに)と思うと、胸のあたりがズ〜ンと重くなって、、

っていうか、他にやりたいことがたくさんあるから料理の事を考えると、
自分が埋没していく気がして気分が悪くなるんだよね
料理に限らず、作業していない時も思考回路をそっちに持っていかれる。
それが毎日っていうのが、どんよりする原因なんだと思う
けどそれが楽しい人はきっと料理が好きでドンドン新しいアイデアを試して
又繰り返して幸せに感じると思うんですよね。

それはそれで素敵だし、何よりお相伴した人はラッキーだよね。

でも
食べたら直ぐなくなっちゃって又一からってのが耐えられない!

ちなみに、スパゲティー作るのは夫、せめて粉チーズ位は私が、

って事でこの騒ぎ。

にゃんこのご飯に凄く神経使うからってのもあるんですけどね。

ヴィーガンの方はみんな料理が元々好きなのかな?そこ知りたい。
「ヴィーガンメニューだって(の方が)こんなにおいしい物が出来る」って
発信するようにしている様だけど・・・・それも当然だし素晴らしいんですけど・・・・

私みたいな、
「大して美味しくなくても、直ぐ出来て食べれれば良い」
っていう者も絶対居ると思うんですよね、でなきゃあんなに即席食品が売り場を占めてるはず無いもんね。

だから私は「まあまあ食べれる、本当に簡単な物」を求めながらヴィーガンめざします。
無意識にお米を磨いだりする様に、回路がひとつ繋がればいいんだろうと思うのでなんとか。
posted by 7575 at 11:17 | Comment(0) | ヴィーガン目指して